横浜で私が受けた日帰り埋没法の手術

本来の自分らしさを出すことができた

皮膚が荒れるアイプチはやめたい日帰りの手術で埋没法を受ける本来の自分らしさを出すことができた

ただ、その後の手術は、笑気麻酔をしていたので、あまりよく覚えていません。
ただ、あっというまに終わったので、本当に二重になっているのか不安でしたが、おそるおそる目をあけると、今まで空気があたっていなかった目の一部似空気が当たっている感じがして、視野が広がったことに感激しました。
手術後の腫れはほとんどありませんでしたが、念のために1日有給をとっていましたが、まったく問題なかったです。
手術を受けてよかったことは、何よりも自分の顔に自信がもてるようになったことです。
一重のときは、なんとしても目を大きくしようと、アイプチやつけまつげ、マスカラ、アイシャドーなどで目を大きく見せることに命をかけていましたが、埋没法で二重にしてから、ナチュラルメイクでも不安ではなくなり、雰囲気も優しくなった気がします。
埋没法は、二重幅がだんだん狭くなってくるというデメリットがありますが、私は半年くらい経ったくらいの目元の法が、ナチュラルで好きです。
小さい時から腫れぼったい一重がコンプレックスで、人と目をあわせるのもいやでした。
高校生の頃からアイプチで二重にしていましたが、毎日面倒で、まぶたも赤く腫れることもあり、念願の整形手術を受けることを決意しました。
それまでは、いかに目を大きくするかを考えたメイクだったので、アイシャドウやマスカラも濃く、とてもケバく見えていましたが、二重にしたことで、化粧もナチュラルになり、本来の自分らしさを出すことができました。
手術の痛みの感じ方は個人差があると思いますが、中には麻酔もまったくいたくなかったという人もいますし、何よりも自然な二重を手に入れることができて満足しています。